データの復旧方法

キーボード

データ復旧とは、一言でいうと「消えたデータを元に戻す」ことです。データが消える」仕組みは、ファイルをゴミ箱に移動して、その中で削除すれば、「通常の方法」でデータ復旧する事は出来なくなってしまいますが、この段階でも「データそのもの」は消えてはいないのです。それは、HDDの仕組みに、たくさんのクラスタと言う箱のようなものがあり、作成されたファイルのデータは、インデックスを付けられて、目次のように管理され、クラスタに保存されます。パソコン上でファイルを削除することは、ファイルについた項目であるインデックスが削除されるだけなのです。ですから、項目が削除されても、実際のデータは、クラスタに残っているのです。しかし、そのクラスタは、見かけ上、「データは何も残っていない」ことになっているので、書き込みができることになります。この状態のままならば、まだクラスタの中に、データが残っているので、データ復旧をすることができます。しかし、ここで、上書きをしてしまうと、今度こそデータは消えてしまいデータ復旧はできなくなってしまいます。

HDDの故障などのように、物理的な故障によってデータが取り出せなくなったり、データが消えてしまった場合は、とても素人の手の負えるものではありませんので、専門のデータ復旧業者やメーカーに依頼する外ありません。しかし、うっかりゴミ箱の中を空にしてしまったり、ゴミ箱に入れる前に削除してしまったような場合は、市販のソフトや専門のデータ復旧業者に依頼する前に、今はいろいろな無料の復元ソフトが出回っているので、自分でそれらのソフトを使ってのデータ復旧を、自分で試してみる価値 はあります。ただし、自分でデータ復旧をする場合は、あくまでも自己責任で行います。また、自分で消してしまったデータなので、「データ復旧できれば儲けもの」くらいの気持ちで行うべきです。自分でいろいろ試しても、できなかった場合や、どうしても復元したいデータの場合は、専門業者やメーカーに依頼することになります。