記憶装置のデータ

修理

何らかの理由で記憶装置からデータが読み書き出来なくなるというケースは、それほど頻繁ではないによ、長らくデータを記録する装置を使っていれば経験するものです。特に多いのがパソコンなどのハードディスクドライブで、これはその記憶装置の仕組み上避けることができないものです。またUSBメモリなどの記憶装置でもデータが壊れてしまうケースも多くあります。 そのような場合に行われるのがデータ復旧です。データ復旧は文字通り正常に読み書きできなくなった記録装置からデータを読み出すというものです。データ復旧の種類としては、おおまかに論理障害からの復旧と物理障害からの復旧があり、論理障害はソフトウェアを使うことで復旧させることができます。物理障害は装置そのものが壊れているため、修理を行う必要があります。

データ復旧を行っている業者に依頼した場合には、極めて高額の料金が必要になります。どのような媒体であっても同様ですが、論理障害の場合にはソフトウェアだけの操作で復旧することが可能なので割安に復旧することができ、1万円から5万円程度からのデータ復旧が可能です。一方で物理障害の場合には、その修理の度合いで大きく変わってくるので注意が必要です。ハードディスクの場合には外部の制御基板が壊れている場合であれば、それを交換するだけで復旧させることが可能ですが、そうでない場合には修理は困難で、高い技術力が求められます。そのため修理費用も10万円以上するのが相場で、さらにすべてのデータが確実に復旧できない可能性が高いものになります。